レイジー90Lの購入インプレ!本当にラテオと同じブランク?【ダイワ】

ロッド

・シーバス⇒春先のマイクロベイトや干潟ウェーディング

・メバリング⇒フロートリグや磯メバル

・チニング⇒夏のトップチニング

などなど、これらのシーンを汎用的にカバーするロッドとしては8.6~9.0ftのLクラスのシーバスロッドが適切かと思い、中古やオークションサイトなども含めて色々と探し回っていました。

 

そして、結局購入したNEWロッドが、

 

ダイワ レイジー90L

 

9.0ft、130gのシーバスロッドですね。

定価は20,800円で実売は13,000円位でしょうか。

最近、ヤフオクがクーポン的なものを始めていて、10%OFFクーポンとかあるんですよ。

そのクーポン等も駆使して、新品がコミコミ9,000円ちょいだったので思わず購入してしまいました(;・∀・)

 

シーバスロッドの購入にあたって、レイジーとラテオで悩んでいる方もいるのではと思います。

今回は、このレイジーの購入インプレとして、このロッドのブランクについて考えてみたいと思います。

※初心者向けの記事になります。

 

ブランクにはラテオやラブラックスと同じ高密度HVFカーボンを採用

参照:ダイワ

レイジーは実売1万円代前半の廉価モデルですが、ブランクには高密度カーボンである「HVF」が採用されています。

これがこのロッドの1つの目玉かと思います。

実売で1万円代前半なので、価格的にはメジャクラのクロステージなんかと同格ですからね。

 

では、HVFで何なの?って話ですが、

まず、ロッド本体(ブランク)ですが、素材はプリプレグと呼ばれるカーボンシートです。

参照:東レ

 

これをマンドレルと呼ばれる鉄芯に巻きつけた状態で、窯で焼いたものがロッドのブランクスな訳ですが、このカーボンシートには、カーボン繊維の他に、繊維同士を接着する役割である樹脂(レジン)が含まれています。

プリプレグの段階では、下図に示すように30%くらいは含まれているようです。

参照:東レ

 

HVFとは、このカーボンシート中に含まれる樹脂をプレスして絞り出すことによって、カーボン繊維をより多く(高密度)したロッドの事です。

カーボンはとても固くて感度の良い素材ですが、繊維同士を接着するための樹脂が多いと感度を阻害するものになります。

なので、樹脂(レジン)が少ないロッドの方がより高感度なわけですね。

※一方で、樹脂が少なすぎるとロッドは折れやすくなるという側面もあります。

 

そして、ダイワは、プレスしていないそのままの状態のカーボンシートから作った樹脂たっぷりのロッドを「ノーマルカーボン」と呼んでいて、そこから樹脂を絞り出したものを「HVF」、そして更に樹脂を絞り出したものを「SVF」と呼んでいます。

参照:ダイワ

 

下位機種のシーバスハンターXは「ノーマルカーボン」で、上位機種のラテオやラブラックスはレイジーと同じく「HVF」です※ちなみにモアザンはSVF。

つまり、レイジーは、上位機種(ラテオ・ラブラックス)と同じ高密度HVFカーボンを原料として使用しているという非常にコストパフォーマンスに優れたロッドと言えそうですね。

 

ちなみに、レイジーには「X45」という技術も上位機種と同じく採用されていますが、これはブランクに巻かれているカーボンシートの繊維の方向を縦、横、斜め45°×2の4方向に配列させて様々な方向からの変形に対して対抗している構造ですね。

X45(参照:ダイワ)

 

ですから、カーボンテープを後からX状に締め上げて補強するダイワの「ブレーディングX」とかシマノの「ハイパワーX」などとは似ていますが異なる構造です。

ブレーディングXはX45の下位互換技術という感じですね。

ブレーディングX(参照:ダイワ)

 

カーボン含有率がラテオやラブラックスと微妙に違う

参照:ダイワ

巷では、レイジーは上位機種であるラテオと全く同じブランクを使用している。

つまり、ラテオのブランクはそのままに、コスメやガイド(SIC⇒アルコナイト)をコストダウンしたロッドがレイジーであると言われています。

同じHVFですからね。

 

しかし、実際には以下に示すように、同じHVFであってもカーボン含有率に微妙な違いがあるみたいです。

・レイジー90L・・・96%

・ラテオ90L・・・・97%

・ラブラックス90L・・・98%

 

で、

じゃあ残りの2~4%は樹脂なのか?と思いますが答えはノーで、

残りはガラス繊維なんです。

 

このように、レイジーの箱には使用材料として、カーボン繊維96%とガラス繊維4%と表示されていて、樹脂はその種類(エポキシ)が記載されているのみです。

つまり、樹脂の含有率とカーボン含有率に関係性はないのです。

これを誤認されている方が結構多いのではないでしょうか。

 

これは、多くのロッドメーカーが加入している「全国釣竿公正取引協議会」の規約第5条に以下のように記載されていて、

(使用材料)

第5条 規約第3条第3号の「使用材料」は、釣り竿に使用している繊維の種類を表示するものとする。

使用繊維は、含有率を併せて表示するものとする。

このように、使用材料は、ロッドの根幹をなす「繊維」の含有比率を表示しなさいと記載されています。

※ちなみにこの含有率は体積比を表示しているようです。

 

つまり、樹脂は繊維ではありませんから、メーカーは樹脂の含有率を表示する必要がないわけです。

すなわち、プレスして樹脂(レジン)を絞り出してHVFカーボンにしようが、更にプレスしてSVFカーボンにしようが、メーカーが表示しているカーボン繊維の含有率は変化しないと言う事です。

 

例えると、モアザンはカーボン繊維の含有率が99%ですが、原料をプレスして樹脂を絞り出し超高密度SVFカーボンにしたから99%なのではなくて、

元から99%カーボン繊維が入った原材料(カーボンシート)を仕入れて使用しているという事です。

 

ということは、

レイジー、ラテオ、ラブラックスのブランクは、原材料(プリプレグ)から樹脂を絞り出すプレスの工程(HVF化)は同じだけれども、

原料となるカーボンシート(プリプレグ)自体のカーボン含有率が微妙に異なっていると思われます。

 

つまり、レイジーは、ラテオより少しだけガラス繊維の多い原材料を使って、同じように高密度HVFカーボンにしたものをロッドの材料としていると考えて良いと思います。

※この他にも、カーボン素材には、他にも弾性率(≒硬さ)を示すt数というものもありますが、これは多分レイジーもラテオも同じ中弾性(30t前後)のものじゃないか妄想しています。

 

数値から見えるラテオとの性能の違いは

上記のように、レイジーのブランクは、ラテオのそれよりもガラス繊維が1%多い素材を原料としていると言えそうです。

 

では、それによってどんな性能の違いがでるのか。

 

ガラス繊維はカーボン繊維よりも破断強度は高いが感度は悪い素材なので、

ラテオ(カーボン繊維含有率97%)を基準とすると、

・ラブラックス(98%)は、ラテオよりも感度が高く破断強度が低いブランク。

・レイジー(96%)は、ラテオよりも感度が低いが破断強度は高いブランク。

という位置づけに数値上はなるのではと思っています。

 

また、カーボン繊維はガラス繊維よりも張りのある素材なので、ラブラックス>ラテオ>レイジーの順で張りがあり復元力の高いロッドであるとも言えると思います。

 

ざっくりいうと、レイジーはラテオと比較してややだるさが感じられるかもしれませんね。

 

1%の含有量の差が感度・強度・張りなどにどれだけ関わってくるかは分かりませんが、やはりブランク自体にも上位機種との差があると言って良さそうで、

レイジーは、高密度HVFカーボンでありながら、より頑丈さを意識した入門者向けのロッドと言えそうです。

※単純に原材料のコストカットとも言えそうですが(;・∀・)

キャスティングについて

実戦投入はまだあまりしていないのですが、とりあえず様々なルアーをキャストしてみました。

 

まず最初に、

9.0フィートのLクラスのロッドである事から、私が使用していたラテオ96MLや90MLよりもグリップエンドがやや短めに設定されており、取り回しが良く作られています。

なので、垂らしを短めにしたショートキャストなどの小ワザにも対応していますね。

 

そのため、大河川から小規模河川や漁港など、様々なシチュエーションで釣りをする可能性がある人にはバランスが良さそうです。

※一方でグリップを脇に固定して安定的に巻くという動作がややし難い(脇の真ん中位にグリップエンドがくる)という印象もあります。

 

次に、

10~20g位のシンペンやミノーをキャストしてみました。

Lクラスのロッドを扱うのが初めてなので柔らかいといった印象を持ちましたが、

しっかりとロッドを曲げてキャストができるので、特に10g前後の小型ルアーは気持ちよくキャストできます。

力を入れずに軽くキャストしても、ロッドの反発で気持ちよく飛んでくれました。

 

一方で、20g辺りからロッドの反発力が不足してくる印象があります。

28gまでキャスト可能になっていますが、重めのルアーに関しては、ちょっと気を使ってキャストしないとダメかもしれませんし、柔軟なロッドであることから反発力が不足するので、高反発なロッドに比べるとロングキャストは難しいかなと思います。

 

私の使用目的では、使ってもせいぜい15g以下かなーと思っているので問題は無いのですが、20gクラスのバイブレーションや空気抵抗の大きい12cmクラスのミノーなど、より重いルアーも使いたいと思えば90MLが汎用的に使えて適していると思います。

 

全体の印象としては、私は同価格帯のメジャクラのクロステージを所有しているのでその比較になりますが、

クロステージはボヨンとした印象を持ったのですが、レイジーの方がよりシャキっとした印象がありました。

これがHVFの効果かもしれません。

 

キャスタビリティがどうとか、アキュラシーがどうとか、詳しい事は私には経験が浅くてよく分からないのですが、シーバス歴数年という初心者の私が使う分には今のところ不満は感じられません。

ラテオは張りとしなやかさのバランスの取れたロッドという印象を持ちましたが、レイジーも同じような印象ですね。

 

魚とのファイトは

まだ魚を掛けていないので、今後記事を更新していこうと思います。

ただし、似たブランクを使っているラテオは、しなやかに曲がって粘りがあるためバラシが少ないというロッドなので、レイジーも同様な性格を持ったロッドだと想像できます。

 

HVFブランクは、感度よりも粘りや強度を売りにしたブランクなんですね。

たとえば、ショアジギングロッドの「ショアスパルタン」は、ハイエンドでありながらSVFではなくHFVが採用されています。

つまり、強度や粘りが必要な場合には、例えハイエンドであろうともHVFが採用されるという事なんだろうと思います。

 

おわりに

レイジーは、上位機種であるラテオやラブラックスと同様に、樹脂を絞り出してカーボン繊維を高密度化した「HVF」カーボンが使用されており、コストパフォーマンスの高いロッドであると言えます。

一方で、ラテオと全く同じブランクという訳ではなさそうで、ブランクに含まれるカーボン繊維とガラス繊維の割合が僅かに異なり、ガラス繊維がやや多い(1%)ブランクになっています。

これによって、張りや感度よりも、頑丈さを意識したモデルであると言えそうです。

 

ですので、これからシーバスを始めたいとか、1万円以下のロッドからステップアップしたいという入門者の方には良いロッドなのではと思います。

 

【レイジー90L】小場所や春先のウェーディングなどで10g前後のルアーを多様する釣り向け

【レイジー96ML】大河川などの大場所で幅広い重量のルアーを使いたい釣り向け

最後までお読み頂きありがとうございます。

気軽にコメントもどうぞ~

 

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへにほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

ロッド
シェアする
にゃがともをフォローする
お父しゃん、お魚釣り行ってきてもいい?

コメント

  1. Nob より:

    こんにちは!
    めちゃ詳しく書かれてますね!!
    勉強になります。。
    最近はライン等もよくなって
    竿に頼らずともセッティングで
    感度を上げられるので
    ロッドのセレクトは値段だけではなく
    もっと自由になっていますよね。

    • Nobさん

      コメントありがとうございます!
      勉強だなんて、当たり前の事しか書けないですよ(;・∀・)
      そうですよね~。安くても十分使えるロッドが沢山あると思います!
      でも、高価格帯の高弾性ロッドやナノアロイなんかもやっぱり気になりますね~(´∀`)
      一度はどんな感じなのか使ってみたいです!