マズメ バッカンⅡを買ってみた

フィッシングギヤ
この記事は約4分で読めます。

バッカンを買ってみました。

 

今回購入したバッカンの使用用途ですが、

自宅~駐車場までの約50m区間のタックルの持ち運びです(;・∀・)

 

2,000円くらいのやっすいヤツでええやんって感じですが、

しっかりした作りのバッカンを片手に家を出ると、釣りに出掛けてる感が出る訳ですよ!

趣味ってそういう部分の楽しみも大きいじゃないですか?笑

 

それに、今後、何かにつけて重宝するシーンがあるかもしれませんしね!

と、色々と理由をつけて購入してみましたので、軽くインプレしてみます。

 

マズメ バッカンⅡ

今回、購入したバッカンです。

マズメ バッカンⅡ

 

サイズは横幅40cm×縦幅27cm×高さ30cm。

バッカンのサイズとしては、他のメーカーには横幅が33cmとか36cmとかの物もあるので、割と大きめのサイズですね(Lサイズといわれる事が多いサイズ)。

 

価格は定価で6,000円とあまり高くなかったのもあって購入してみました。

 

本当は、パズデザインのものが機能的に見てベストだったのですが、値段が倍くらい違うので。。。

特徴

マズメ バッカンⅡの特徴としては、

上蓋はチャック式ではなくて、バックルで留めるパカパカタイプです。

 

持ち運びに関しては、多くのバッカンに採用されている手さげ用の取っ手は付いておらず、肩掛けベルトタイプですね。

私は最初からこの肩掛け式が希望だったので、これでOKです。

 

このバッカンはオフショアでの使用を想定しているみたいで、前面にルアーを簡易的に掛ける場所が設置されています。

マズメはこの引っ掛ける系機能が好きみたいです。ライジャケにも似たような機能が付属されていますし。

私は多分使わない機能なので、別の用途で使う事を考えています。

 

背面にはポケット。

これも地味に欲しかった何かと便利な機能です。

 

サイドにはロッドホルダーが2つ。

普段は使いませんが、もし釣り場に持ち出すような時が来ても安心です。

 

中身は、グローブなどを入れるメッシュポケットが付いているのみでシンプル。

 

こんな感じで、必要最低限の機能が備わっているシンプルなバッカンですね。

これに、手さげ用の取っ手や中蓋などを付けると、パズデザインのバッカンみたいに1万を超えてくるでしょうから、コスパ的にも今の状態で十分です。

 

実際に収納してみた

さて、到着してから、色々とレイアウトを考えてみました。

今のところ、私はこんな感じで収納して自宅から車にタックルを持ち運んでいます。

主にルアー類、リール、ヘッドライト、グローブなど、釣行後に自宅で洗浄や充電が必要となるアイテムが入っています。

また、仕切りがあったほうが良かったので、100均のボックスを購入して、そこに巾着袋に入れたリールやヘッドライトを入れました(写真の右側)。

 

まだ高さに十分余裕があるので、これらの上にキャップやレインウェアなど色々と入れられます。

 

あと、使わないと言ったルアーを引っ掛けるホルダーなのですが、小さなカラビナをつけられる事が分かりました。

これだと、ハサミの他にもフィッシュグリップや携帯灰皿など、色んなものが掛けられますね!

 

おわりに

以上、簡単にマズメ バッカンⅡの紹介をしてみました。

まあ、バッカンなんて完全に予算と好みの問題ですよね。

 

しかし、こういったサイドアイテム1つにしても、昔は何でも良かったのですが、釣りを続けていくうちにある程度気に入った物が欲しくなってくる所が趣味の楽しさであり怖さですね(;・∀・)

ハードに使用しなければロッドやリールよりも長持ちしそうなので、安物よりもある程度納得できる物を買っておいた方が後で後悔しない気がします。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

気軽にコメントもどうぞ~

 

【にほんブログ村】
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへにほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

フィッシングギヤ
シェアする
にゃがともをフォローする
FISHING IS GOOD

コメント