NEWS!

管理人にゃがともが102cmの巨大シーバスをキャッチ!

記事はこちら
スポンサーリンク

遅れていた落ち鮎パターンがようやく開幕!

秋シーバス(9月~11月)
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

すっかり秋ですね!

秋といえば様々なベイトが接岸する季節。

つまり、シーバスの絶好のシーズンな訳ですが、私のホーム河川は、サヨリ、コノシロ、イワシなどの秋爆を味わえるようなベイトはあまり入ってきません。

なので、10月になってもシーバスの個体数は少ない状況にあり、秋爆って何?ていう状況が続いています。

そんなホーム河川ですが、

落ち鮎がいるじゃない!

他にしっかりとしたベイトパターンが期待できない私にとって、この時期のビッグパターンはこれしかありません!

 

今年は気温が下がらず増水もありませんでしたから、落ち鮎シーズンが例年よりも遅れて10月は見事に大外れ。

しかし、10月後半に少しだけ増水したのがきっかけで、鮎も徐々に産卵場となる中流域に下ってきており、ようやく産卵の準備に入ったか?といった印象です。

 

そして、11月に入って朝晩が寒くなってきたし、そろそろじゃないか?

と期待してこの3連休は釣行に出掛けました。

 

スポンサーリンク

初日はナイトゲーム

まずは昨年ランカーをキャッチした落ち鮎ポイントへ。

水温を測ると18℃

先週は20℃だったので、いい感じの水温になってきました!

流れの緩い場所には、相変わらず元気な鮎がピチャピチャしてますが(^_^;)

 

瀬にカゲロウ124fをキャストしてドリフトさせると、

 

グググっとヒット!

 

しゃあ!!

 

あ、グイングインしてる。

やっぱり…

 

ですが、落ち鮎がいればナマズの活性も上がるので悪くないはず!と思っていると、

ベイトを吐いていました。

 

むっ!?

 

むむっ!?

 

鮎じゃん!

 

その後、別の瀬に移動するも、ヒットしたのはまたもや。。。

 

シーバスはまだかなぁ( ´_ゝ`)

 

翌日のデイゲーム

翌日は昼間に出撃!

主な目的は明るいうちのポイント下見です。

 

ポイントに到着し、上から覗いた感じでは結構な数の鮎がいました!

しかし産卵で群れてるって感じではなく、普通にコケをハミハミ中(;・∀・)

その他には鯉とニゴイがちらほら。。。

 

20分くらい観察しましたが、落ち鮎らしきフラフラした魚もおらず。

サギも一羽だけいましたが、特にそれっぽい動きは見られませんでした。

 

これはダメやなと竿を出す事なく一旦移動し、夕方に再び同じ場所を観察してみます。

すると、鯉かな?と思った魚がいたのですが、

 

ん?頭が細い?

 

ヒレも黒い?

 

シーバスじゃん!

 

昼間に居なかったシーバスが瀬のヨレにステイしてます!

それも目視で3匹くらい居ます。

 

その後も観察すると、小さな鮎が10匹くらいの群れでそばを下ってきてもガン無視。

落ち鮎待ちスタンバイ中?

ずっと同じ場所にいて動きません。

 

いそいそと準備して川岸に降ります。

さっきシーバスが無視した小鮎は、頭が下流に向いてたから反応しなかったのか?

と、ルアーの頭を上流に向けて流してみる。

しかし無反応。

 

その後も試行錯誤しながらキャストし、ルアーの頭を下流に向けて流していると、

バコッ!

 

うおお!出たー!

しかしフッキングせず( ´_ゝ`)

 

結局、この1バイトのみでシーバスはゲットならずでしたが、ようやく落ち鮎パターンの雰囲気が出てきました!

 

3連休最後の夜に

翌日は仕事ですが、どうしても今週中に釣りたい!と思い出撃。

前回の下見でアプローチのイメージは出来ています。

 

特にボイルなどはありませんが、絶対にいるはず。

瀬の中にキャストしてヨレへと流し込んでいく。

 

ゴン!

 

やっぱりいた!

瀬の中に入って猛烈な引き!

普段はやらないガチガチのドラグにパワーファイトで強引に寄せようとすると、

 

フッ。。。

 

ぐあああぁぁぁーーー!!

 

痛恨のラインブレイク(´;ω;`)

PE本線が破断したので、ラインに傷がついてたのかもしれません。。。

この日は1匹だけかもしれないと思っていたので、精神的ダメージはかなり大きかったですね(;・∀・)

 

しかし、気を取り直してキャストを続ける。

ヨレから反転流へ入ったところで、

 

ヒットォ!

 

遂に獲ったりました!

 

2ヶ月ぶりの鱸サイズは75cmのグッドサイズ(´;ω;`)

お前たちは今まで何処におったんや!(笑)

 

そして、カゲロウ155にチェンジして、

再び反転流でのバイトで良型をキャッチ!

 

筋肉質でコンディションも良く、ランカー行ったか!?と思った78cm。

 

久々に良い釣りができて、暫く釣れていなかったストレスが一気に吹っ飛んだ釣行になりました!

 

おわりに

10月から落ち鮎調査をしてきて、季節の変化や鮎の動向を感じながらようやく手にした落ち鮎パターンのシーバス。

今年もようやくこの時期がやってきました。

 

しかし、シーバスはベイト次第とつくづく感じます。

2ヶ月間、延べ何十時間もロッドを振り続けても釣れなかったサイズが連発してしまうんですからね。

 

期間限定のパターンですが、今年は行けるだけ通ってみてこのパターンを楽しみたいと思います!

 

使用タックル

  • ロッド:アピア/グランデージSTD.93MH
  • リール:ダイワ/17セオリー2510PE-H
  • ライン:よつあみ/アップグレードX8 1.2号
  • リーダー:シーガー/フロロマイスター20Lb
  • ルアー:カゲロウ124F、カゲロウ155F、ラムタラジャイアント177など

ヒットルアー

コメント