【メバリング】潮流が強い時はシャローの藻場をフロートリグで攻めてみる

メバリング

3/3(土)~3/4(日)

 

3/3の朝の釣行で感じたことは、

 

メバルは、潮通しの良いポイントでは、大潮の潮流の強い場合には釣れない(但しマズメ除く)。

 

前回の記事

大潮の激流の中でのメバリング【尺メバルは近い?】
3/3(土) 先週に引き続いて、今週もメバリング釣行です。 人生2回目のメバリングです。 今回も前回と同様にシーバスロッドを使用しての釣行です。 ...

 

これは、結構他でも言われている事のようですね。

 

ならばどこでは釣れるのでしょうか。

 

流れが強い場所は釣れないと考えるならば、それは潮の流れの影響が少ない所。

 

つまり、

シャローではないかと。

 

そして、シャローに沈み根や藻場がからむ場所が良いのではと仮説を立て、それを実証したくなったので釣りに出掛けました。

 

ポイント

ポイントは前回、大潮で夜間に釣れなかった小規模な漁港です。

この漁港の隣には藻場とゴロタが絡んだシャローが存在することを昼間に確認していました。

 

さらに、画像のように右へ流れる場合は特に漁港が障害となり、潮は直接当たらないため、穏やかな環境ではないかと考えました。

 

実釣開始

23:00

大潮の満潮(22:00)から下げの潮が効き始める時間帯から始める事にしました。

 

まずは、潮流の速い潮通しの良いテトラ帯に入ります。

ここでは本当に釣れないのかを再度確認したかったのです。

 

10投くらいしてみますが、やはり釣れませんし相変わらず激流です。

そうそうに諦め、今回の本命ポイントである藻場のシャローに移動します。

 

まだ潮位が高いため、藻と水面にはある程度水位があり、シンキングのフロートリグをフルキャストして藻場までルアーを届けて攻めます。

 

そして、三投目で早くも結果が出てくれました。

18㎝のアベレージサイズですが、自分の仮説が実証された魚でしたので、喜びはひと押しです。

 

その後も、コンスタントに15~18㎝位のアベレージサイズが上がってきます。

 

2時間ほど経過して、潮位も下がり、藻が表層まで達しているのが満月であるため目視で確認できます。

ここにキャストすると藻に引っかかってしまうのですが、チョンチョンとシェイクして外してやると、その直後にアタリがありました。

 

そして、2:00までの約2時間で8匹ほど釣って終了としました。

 

流れが強い場合はシャローが有効であることが分かった

潮周りが大潮のような潮流の強い状況では、流れの緩いシャローが効果的ではないのかと仮説を立て、結果的に釣ることができたので、実証できたのではないかと思います。

 

メバリングに詳しい方なら当然の攻め方なのかもしれませんが、自分で考えた結果、答えが出ててくれたので嬉しかったです。

今回はサイズが伸びなかったのが残念でしたが、色々考えながら釣りをすることが、どんな釣りでも重要ですね。

 

コメント