スポンサーリンク

春の稚鮎パターンにおけるルアーセレクト【2020年版】

ルアー
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

春のリバーシーバスのメインパターンの一つでもある稚鮎パターン。

 

この記事では、私の稚鮎パターンにおける実績のあるルアーをまとめています。

 

スポンサーリンク

カゲロウ100F

メガバスのフローティングリップレスミノー。

12gでレンジは40cm前後。

 

ダーターカップという特徴的なリップ形状で河川のドリフトの釣りにはめっぽう強いですね。

稚鮎パターンに限らず高い釣獲力を誇りますので、シャローのリバーシーバスには非常にお勧めのルアーです。

フックも#5と比較的強く、大型とも安心してやり取りができます。

 

 

サスケシリーズ(SF95、SS95、105)

サスケシリーズには75もありますが、フックが小さく大型シーバスも期待できる稚鮎パターンには心許ないので、私は95か105を使います。

最も汎用性に長けているのはSF95ですが、流れの中で少しレンジを入れたい時や、アップクロスで流れに馴染ませたい時に効果的なのはサスケSS95。

サスケ105に関しては少し大きいかな?と思うかもしれませんが問題なくバイトは出ます。#4フックなので大型狙いの時には安心感がありますね。

サイレントアサシン99F

スタンダードは強し!

少し水深があって流れの緩い場所や支流との合流部などではサイレントアサシン99Fでの実績が高いです。

流れにのせてゆっくりと巻いてくると後ろからバイトしてくることが多いように思います。

クー100F

膝下程度の超シャローを狙うのに効果的なルアー。

アフターシーバスは体力が無いので流芯を避けた流れが緩く浅い側流に付いている事があります(稚鮎の付き場でもある)。

そんな水面直下をゆっくりと攻める際に効果的なルアーです。

 

エリア10

バチ抜けで有名なエリ10。

通常のミノーではアクションが暴れすぎてアピールが強すぎるという強い流れの場合に投入しています。

動かないという性質を利用して強い流れの中でも暴れすぎる事なくアクションしてくれます。

 

強い流れの中にはアフターから回復したコンディションの良いシーバスがいる可能性が高いですので、フックは最低でも#6~8の2フック使用へのチューンを推奨します。

 

 

TKRP-90

ミノーのレンジでバイトが無い場合にはトップを試します。

たまにスプラッシュを出してアピールさせてやるとバコッ!って出る感じですかね。

 

 

マニックシリーズ

マニック95かマニックフィッシュ88を使います。

が、フックが小さいので常用はしません。

もっぱら稚鮎確認用(引っ掛け)のサーチベイトとして使用する事が多いです(笑)

もちろんシーバスもバイトしてきますよ。

 

稚鮎パターンのキモ

春の河川のメインベイトは稚鮎の他にハクもいると思いますが、

基本的にはデイでもナイトでもハクは流れの無い場所稚鮎は流れのある場所にいることが多いです。※混在というパターンもあります。

 

つまり、稚鮎パターンのシーバスを狙うには、「流れ」がひとつのキーになります。

なので、流れの中で使うと効果的なルアーが力を発揮しますので、ポイントに合わせて色々なルアーを試してみるのが良いと思いますよ!

 

ですが、釣れるルアーもシーバスがいてこそ。

まずは稚鮎のいるエリアを探す事から。

そして、稚鮎がいてもシーバスが着いていなければ釣れませんので、稚鮎がいるポイントを何箇所か見つけてランガンしてみてシーバスがいるここぞというポイントを見つける事が最も重要です。

 

そして、忘れてはいけないのは、稚鮎は上流に遡上していくという事。

数日後には元々いた場所から姿を消すということはザラにありますので、稚鮎とシーバスの動きに合わせて付いていく事が釣果を上げる為には重要になってきます。

 

それが出来たあとに、初めてルアーをアジャストできるかというルアーセレクトになると思います。

 

 

【関連記事】

稚鮎パターン考察【稚鮎のサイズ】
随分暖かくなりましたね。 そろそろ稚鮎が河川を遡上する時期...

最後までお読み頂きありがとうございます。

気軽にコメントもどうぞ!

【釣行動画チャンネル】

FISHINGisGOOD in YOUTUBE

 

【色んなブログが読めるにほんブログ村】

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへにほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

ルアー
スポンサーリンク
fishing is good

コメント