17セオリーと互換性のあるセルテートのスプールを装着してみた【替えスプール】

リール

ルアーフィッシングは対象魚などに合わせて色んなラインセッティングで釣りをしたいものですよね。

 

そんな時は、替えスプールが欠かせないのではないでしょうか。

私が所有する14カルディア3000は替えスプールを1つ持っており、PE1.2号と1.5号を巻いています。

 

最近、別の手持ちリールである17セオリー2510PE-Hも替えスプールが欲しいなと思っていたのですが、

新品で購入するとなんと10,500円!

 

これはちょっと高くて手が出ない。

なので、ヤフオクで安く購入できそうなスプールを探してみることにしました。

 

セルテートのスプールをヤフオクで購入

当然、同じセオリーの替えスプールを用意すれば良いのですが、ダイワのLTコンセプト以前のリアルフォー機種は、異なるリール間で互換性があります。

なので、今回は機種に拘らずに探してみることに。

 

そして、17セオリーのボディとの色調などの相性も考えて、違和感の無さそうなセルテートのスプールをヤフオクで安く落札しました!

 

キャンペーン中だったこともあり1500円割引の3000円で購入できました!

購入したのは13セルテート2506Hのスプールで、エギングなどで使用するモデルですね。

PE0.6号が150m巻けます。

13セルテートは型落ちのリールですが、16セルテートよりもデザイン的に好きな方も多いようですね。

私も好きなデザインなので購入することにしました。

 

装着してみる

落札したスプールが届きましたので、早速PEライン0.6号を巻いてセオリー2510PE-Hのボディに装着してみることに。

 

やはりカラーリングが似ているので、さほど違和感はありません。

まじまじと観察しなければセルテートだと思われるのではないでしょうか。

ちょっとリッチになった気分です(^^)

 

重量

重いと噂のセルテートのスプールですが、

軽量リールである17セオリーとの重量差を計測してみました。

 

まず、17セオリー2510PE-Hのスプールは39g(ライン込み)。

 

対して、13セルテート2506Hのスプールは49g(ライン込み)。

 

このように、10gの重量差があります。

こうやって比較するとやはり重いですね(;・∀・)

 

次にリール全体の重量で見てみると、

セオリー2510PE-Hが193g(ライン込み:公表値は190g)。

 

対して、13セルテート2506Hのスプール装着時は203gです。

 

セオリーの凄い所は、セルテートの重いスプールを装着しても2500番代のリールとしては十分軽い部類に入ることですね(15ルビアスくらい)。

このように重い別パーツに付け替えたりしてもリール全体としては決して重くはなく、一般的な重さに収まってしまいます。

 

これが軽量リールのセオリーの良い所であり、カスタム向きのリールと言えるのではないでしょうか。

 

ロッドとのバランス

0.6号のPEラインを巻いたセルテートのスプールは、メバルプラッギング用に使おうと思っています。

組み合わせるロッドはブルーカレントTZ/76。

 

今までは重量190gの18フリームス2000Sを組み合わせていたので、リールとしては約10gの重量増になります。

しかし、タックルバランスを見てみると、重心はバットエンド位に位置していますので問題無さそうですね。

 

おわりに

今回、17セオリーの替えスプールとして、13セルテートのスプールをヤフオクで購入してみました。

重量は10gほど増加しますが、ベースが軽いセオリーなので問題とはならず、何よりルックスがほぼセルテートになるので、新鮮な感覚がありますしリッチ感も出て良い感じでした。

 

このように、リフレッシュにもなりますし、ちょっと手持ちのリールに飽きてきた時などに別機種の替えスプールを用意してみると良いかもしれませんよ(^^)

最後までお読み頂きありがとうございます。

気軽にコメントもどうぞ~

 

にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへにほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

リール
シェアする
にゃがともをフォローする
お父しゃん、お魚釣り行ってきてもいい?

コメント