フローティングベストの新製品に飛びつく奴は情弱!

タックル
この記事は約5分で読めます。

変更

何やら挑発的なタイトルですねえ。

にゃがともです。

すみません、ただNEWライジャケを買って喜んでいるだけですので気にしないでください(汗)

 

ライフジャケットを新調!

今使っているマズメのレッドムーンライフジャケットVも、3年半ほど経過して劣化も目立つのでそろそろ買い替えの時期だなあ。

ってことで、まずは2022年の新商品を物色してみると、

どれどれ、おっ、マズメのライジャケがリニューアルされてるじゃないか!

レッドムーンライフジャケットⅨ(マズメHPより)

 

 

ヒャッハー!(ポチッ)

 

 

と買っちゃうのは情弱がする行為。

 

圧倒的な情報強者であるにゃがともが買ったのはこちら。

 

ドン!

レッドムーンⅧ(旧型)

 

どうですか?見た目はほぼ新作と一緒でしょ?

実は機能面もほぼ同じでなんです。

そして価格は30%オフと大変安く購入する事が出来ました!

 

 

ウェアはセール品が適正価格

3年以上レッドムーンを使ってきて、不満の少ない良いライジャケだなと感じてはいるのですが、「ここが変わればもっと使いやすいのにな」という部分があったりします。

しかし、結果として以下のような改善点(訴求点)のみで、前作と機能的にはあまり変わっていない様子。

  • ウエストハーネスのベルトループの変更
  • ショルダーベルトの素材の変更
  • 首周りの縫製方法の見直し
  • 前作よりも軽く柔らかくなった

 

そんな2022年の新製品レッドムーンライフジャケットⅨですが、気になるのはそのお値段!

 

なんと、27,000円!(カモ柄:税込み29,700円)

 

高え!

最近の釣具ってどんどん高くなってますねぇ(^◇^;)

16年発売の私のレッドムーンVは22,000円でしたから、5000円アップです。

買ってすぐのレッドムーンV

 

 

 

しかーし!

逆に、この新商品発売のタイミングこそがビッグチャンスなわけです。

新製品のレッドムーンⅨと殆ど機能が変わらないレッドムーンⅧが在庫処分価格(30%OFF)で、

 

18,500円!(税込み)

更にネットだとポイント付与で実質16,000円位。

その差額は何と14,000円!

新型が少し安く手に入ったとしても、10,000円程度は差があると思います。

 

素晴らしい!

この価格で買えれば大満足です!

 

そのうち新作を再生数目的のユーチューバー達が絶賛する姿が目に浮かびますが、

ほとんど性能差が無いのにこの価格差と考えると、どう考えても旧型でいいじゃんって思いませんか?

 

 

ウェアに技術革新は少ない

ロッドやリールって新製品が出ると何かしらの技術革新がありますよね。

モデルチェンジする度にどんどん性能が上がっています。

ですが、フローティングベストを含むウェアに数年で劇的な技術革新があるかといえば、そうでも無いんですよね。

 

例えば、透湿性素材の最先端を行くゴアテックスが初めて商品化されたのが45年前

、耐久性の高いコーデュラナイロン50年以上前です。

そんな昔の技術が現在も使われているんです。

 

それくらいウェアというか素材に関しての進歩は遅いので、ウェアに関してはテスターやユーザーの声をフィードバックして少しずつ機能性を改善していくって感じだと思います。

それに加えて、ただでさえ割高な釣り系のウェア。

モデルチェンジで大きな変化が起きないのならば、型落ちセールになった時こそが適正価格で買い時だと思います。

 

新製品が出た時こそウェアは買い時!

定価だと高いと感じる釣りウェアですが、割引されていたらお買い得だと感じるもの。

釣り系ウェアは定価売りが多いので、新商品が出た時の旧型の在庫処分セール品こそ買いなんです!

旧型なんてダサい!という意見もあると思いますが、ライジャケ着てる時点で一般人からすればどれでもダサい(笑)

 

新製品を手に入れる満足感か、型落ちを安く買って他のタックルに資金を回すか。

趣味ですから、これは自分のこだわり次第ですね!

 

安くハイエンドのライジャケが欲しい方には、機能自体はほぼ新型と同じレッドムーンⅧが是非オススメです!

売り切れる前にお得に購入しちゃいましょう!

ちなみに、マズメ公式HPでも同じく30%割引で在庫処分セールしてます。

コメント